本文へジャンプ

清流みずほ保育園とは

理事長のあいさつ

『愛が実ってこころ、育む』 ~愛とぬくもり そして 本物の環境~

清流みずほ保育園 理事長 加納大裕

大切な子どもたちのために、今、大人は何ができるのでしょうか?

人間の成長として根っこづくりができる乳幼児期に、子どもたちの無限の可能性を守り、育み、広げていたくためのゆったりと時間の流れる本物の教育・保育環境がここにはあります。

まだ感覚も意識も眠っている状態の子どもたちに、本物と偽者を見分ける感覚を与え、それぞれの感性を開いていくこと。本物を与えることで、目には見えない本質を学びとる、深く豊かな人間になるのです。

子どもたちは楽しく、わくわくするなかで自らの行動を選び取り、さまざまな能力を身につけます。そして自然とのふれあいの中で、その恵みへの感謝の気持ちを育て、のびやかな感性が育まれます。

幼い子どもたちの身体の健康を願い当園では環境ホルモンや遺伝子組み換え作物、さらに添加物を排除し、できる限り安全な食事の提供に努めていきます。

園舎におきましても、未来の子どもたちの世界を維持するために、安全な岐阜県産の間伐材を使用し、ホルムアルデヒドなどの様な有害物質からの被害を無くすため、植物系の自然塗装を使っています。多額な費用は掛かりましたが、いまある環境の維持性を考え、何より子どもたちのためを思い"こども第一主義"を貫きました。

子どもは周囲の大人から認められ、愛されているという安心感を持てた時、初めて自己を発揮し自立した生活に向かうことができます。私たちは、一人ひとりの子どもをあるがままに認め、畏敬の念をもって受け入れることが大切だと考えています。純真無垢な子どもたちを、大人の色に染めるのではなく、その子供の本来持っている色を美しく輝かせてあげることこそ、真の意味において、「育てる」ということだと考えます。

本来の自己を発揮し周りの大人の愛を感じ、温かいぬくもりの中で育った子どもは、将来において自らへの愛、他者に対して愛を与え、他人を信じ、自分を信じることができる大人に成長するのではないでしょうか?

「自分」を持ち、自らの意思で「生きる」ことができる、そんな大人になることを願っています。

私たちは現代社会が抱える教育・保育問題を、あらゆる角度から研究し、子どもにとって良いと思われる本物の環境(人的・物的環境)を常に模索し、具現化しています。 将来を担う子どもたちが、未来にふさわしい成長を遂げられるよう、いつも子どもたちと保護者の皆さまと共に歩み、これからも研鑽して参ります。

ぜひ、みなさまもご一緒に"本物の子育て"はじめてみませんか?

園長先生のあいさつ

子どもたちがそれぞれに自分の芽を息吹かせられるように大人は豊かであたたかい土でありたい

清流みずほ保育園 園長 服部幸子

温かなお家として。

すべての子どもたちが、より活き活きと健やかに成長できるようにと願って、平成18年の春に創立しました。

私たちは、子どもの日々の暮らしのリズムを大切にし、保育の中に自然とのふれあいを多く取り入れるようにしています。乳幼児の時期に、たくさんのものに触れ、見て、聞き、感じ、そしてそれを何度も繰り返し味わうことが必要です。

保育園は第二の家庭。保育室には、自然素材の美しいもの、心地良いもの、想像したり工夫して遊べるものを揃えています。この時期の子どもたちは、模倣を通してさまざまなことを学びます。私たち保育士は第二の母として、教え込むのではなく、子どもたちの良き手本であるよう、日々努力研鑽を重ねています。

また、異なる年齢の子どもたちと、大きな家族のように関わりあう、たてわり保育で、1人ひとりの個性や発達段階にあったケアをすることができるように気をつけています。

子どもたちは、目覚めているうちの多くの時間を保育園で過ごしますから、より家庭に近い、温かな環境を作っています。

素朴なお人形。

目や口を小さく点のように表現した布のお人形は、子どもたちが空想の中で、泣いたり、笑ったり、目をつむったり、歌を歌ったり、寂しそうにしたりします。布のお人形は抱いても子どもの体に寄り添い、安らぎを感じさせてくれます。

おひるごはん(給食)は、心をこめて手作り。

当園では、給食のことをお家で言うように「おひるごはん」と言っています。おひるごはんを作るおいしそうなにおいが、キッチンからお部屋にただよってきます。当園では「本物の味」を大切にスローフードによるおひるごはんを作ってきました。食物添加を使わずに、きちんと「あごだし」を使って出汁をとり、食材も極力オーガニックを心がけ、ご飯は、「買ってくるもの」「出来上がって出てくるもの」ではなく、「お家でつくるもの」ろ、子どもたちが感じることを大切にしたいと考えます。

発達段階をふまえた保育。

乳幼児期は体を育み信頼を育てる時期です。心地よい環境、同じ物事を繰り返し体験することなどを通して、子どもたちが、「自分が生まれてきたこの世界は安心できる」と大人や社会と信頼を結び、自分を信じることを学びます。この信頼感が、その後の成長の基礎となります。私たちは、それぞれお子様の発達ペースやご家庭の方針もふまえ保育にあたります。

「愛とぬくもり、そして本物の環境」を大切に日々保育を行ってまいります。共に手を携えて子育てのお手伝いができればと思います。

清流みずほ保育園の想い

保育園は第二の家庭であり、保育士は第二の母

子どもは周囲の大人から認められ、愛されているという安心感を持った時、はじめて自己を発揮し自立した生活に向かうことが出来ます。
私たちは、1人ひとりの子どもをあるがままに認め、畏敬の念をもって受け入れることが大切だと考えています。純真無垢な子どもたちを、大人の色で染めるのではなく、その子どもの本来持っている色を美しく輝かせてあげることこそ、真の意味において、「育てる」ということだと考えています。

自己を発揮し周りの大人の愛を感じ、温かいぬくもりの中で育った子どもは、将来において自らへの愛、他者に対して愛を与え、他人を信じ、自分を信ずることができる大人に成長するのではないでしょうか?

「自分」を持ち、自らの意思で「生きる」ことができる、そんな大人になることを願っています。

私たちは、子どもにとって良いと思われる本物の環境(人的・物的環境)を常に模索し、将来を担う子どもたちが、将来にふさわしい成長を遂げられるように、いつも子どもたちと保護者の皆様と共に歩みたいと思います。

先生、スタッフの紹介

全スタッフで、安全に配慮しお子様を大切にお預かりいたしております。

清流みずほ保育園 概要

保育所は、家庭で保育することができない(保育に欠ける)お子様をお預かりして保育する、児童福祉法に基づく児童福祉施設です。

名称 清流みずほ保育園
設置主体 社会福祉法人 清流会
所在地 岐阜県瑞穂市森555番地

グーグルマップでみる

郵便番号 〒501-0303
電話番号 TEL:058-328-7375
ファックス番号 FAX:058-328-7376
保育年齢 10ヶ月から1・2歳(入所条件有)
入所条件
(1)家庭外労働
保護者が、家庭の外で仕事をしているため保育ができない。
(会社・パート 月15日以上かつ1日4時間以上)
(2)家庭内労働
保護者が、日常の家事以外の仕事をしているため、保育できない。
(自営・内職等 月15日以上かつ1日4時間以上)
(3)母親の出産等
妊娠中であるか、出産後間がなく、保育ができない。
(産前 42日6週間、産後56日間8週間)
(4)病気・障害等
疾病・負傷、または精神・身体の障害により、保育ができない。
(5)病人の介護等
長期にわたり疾病の状態にあるか、精神・身体に障害がある同居の親族を常時介護しているため、保育ができない。
(6)家屋の災害等
火災や風水害等によって、家屋等が損壊しその復旧の間保育ができない。
(7)求職活動他
求職活動(起業準備を含む。)を継続的に行っていること。
就学(職業訓練校における職業訓練を含む。)していること。
虐待やDVのおそれがあること。
(8)その他
その他、(1)~(7)までに類する状態で市長が認めたとき。
保育料等
通常保育料
瑞穂市と同一保育料です。(保育料は瑞穂市へ納めていただきます)
延長保育料
瑞穂市の規定と同一です。
(料金は直接当保育園へ納めていただきます)
ご注意
瑞穂市の指導に伴い毎月、「ご家庭での保育に欠ける」状況であることを給与明細の提示により確認させていただきます。
尚、退職されたり職場が変わったような場合は、速やかに保育園の方までお知らせください。
保育時間・登降園について
早朝保育
平日・土曜  午前7時30分から午前8時まで
普通保育
平日・土曜  午前8時から午後4時まで
長時間保育
平日・土曜  午後4時から午後5時まで
延長保育
  • 平日  午後5時から午後7時30分まで
  • 土曜日  午後5時から午後5時30分まで

ページの先頭へ戻る